BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

宇宙ベンチャーの天地人、最大手の米卸企業と提携し「宇宙ビッグデータ米」開発

宇宙技術を活用した『宇宙ビッグデータ米』

株式会社天地人は、2019年12月20日、株式会社神明ホールディングスとの間で業務提携契約を締結したと発表しました。

天地人は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)認定の宇宙ベンチャー。神明ホールディングスは、米穀事業を基幹事業とする企業。両社の提携では、宇宙技術を活用した『宇宙ビッグデータ米』の開発が目指されるとのことです。

土地評価エンジン『天地人コンパス』を独自開発

天地人は、JAXA職員と農業IoT分野の知見を持つ開発者によって設立された宇宙ベンチャーです。地球観測衛星のデータを活用した土地評価エンジン『天地人コンパス』を独自開発し、目には見えない気候風土の情報解析を実現。果物をより効果的に栽培できる地点「ポテンシャル名産地」を発掘するプロジェクトなども、展開しています。

今回天地人が業務提携契約を締結した神明ホールディングスは、米穀事業を主軸とする形で食に関わる多彩なビジネスを展開している企業です。両社は、「米が足りなくなる」というリスクについて、危機感を共有。将来的な米の生産増に向けて、宇宙技術を活用した農業を確立すべく、提携に至りました。

ビジネスにおいて最適な土地は宇宙から見つける

『宇宙ビッグデータ米』は、膨大に蓄積された衛星データを『天地人コンパス』で解析した後、米の収穫量増加や味の向上が見込める圃場を発見した上で、栽培が行われるというものです。2020年9月頃には収穫も見込まれており、まずは神明ホールディングス傘下の飲食店で提供される予定となっています。

天地人は今後も、ビジネスにおいて最適な土地は宇宙から見つけることを、提案していくとのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社天地人
http://tenchijin.co.jp/

天地人と米卸で最大手の神明ホールディングスが業務提携契約を締結 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top