BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

ブレインパッド、マイクロソフトと共に山口FGグループの統合データベースを構築

国内初、地銀のデータをクラウド上で統合

2019年12月13日、株式会社ブレインパッドは、株式会社山口フィナンシャルグループ(以下山口FG)傘下の山口銀行、もみじ銀行、北九州銀行の統合データベースを日本マイクロソフト株式会社と「Microsoft Azure」上に構築したと、発表しました。複数銀行のデータを統合したプラットフォームを、インターネット上で公開するのは、地方銀行では国内初になります。

統合データベースの概要

統合データベースの構築は、高い水準のセキュリティだけでなく、今後の環境などに対応できる「迅速性」、「柔軟性」、「信頼性」の3点が必要でした。これらの要件を満たす、パブリッククラウドプラットフォームである「Microsoft Azure」が選択され、導入はブレインパッドが担当しました。

山口FGの早期構築の意向に基づき、わずか6カ月で構築しました。柔軟性を考慮し、簡単にシステム構成変更やデータ追加が可能な状態を確保し、信頼性がある高いセキュリティ水準を実現するデータベースを構築しています。

今後は、「Rtoaster」のレコメンドエンジン搭載プライベートDMP(Data Management Platform)を活用して、ユーザのニーズに合致した金融商品を勧める施策などを実施していく予定です。

データ統合のねらい

各銀行やシステムに分散されている顧客情報やウェッブの行動履歴などを収集、活用することで、今まで金融サービスにはない新たな価値の提供につなげていくことを目標としています。山口FGは、リージョナル・バリューアップ・カンパニー(地域価値向上会社)を目指しており、情報の一元化として統合データベースの構築は必須でした。

(画像は株式会社ブレインパッド ニュースリリースより)

▼外部リンク

株式会社ブレインパッド ニュースリリース
https://www.brainpad.co.jp/news/2019/12/13/10824

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top