BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

関西情報センター、企業のAI実践セミナーをリレー形式で開催

AI実装について悩みを持つ企業が対象

一般財団法人関西情報センターは、2019年12月16日、企業実践的AI(人工知能)活用研究会のリレーセミナーを、大阪にて開催すると発表しました。

同セミナーは、AI実装について悩みを持つ企業を対象とするもの。2020年1月から3月にかけて、機械学習の基礎から実装事例が学べるセミナーが、リレー形式で開催されます。

具体的な取り組みへステップアップできる契機を提供

近年、AIは目覚ましい勢いで発展を遂げており、ビジネスへの本格的な応用も進みつつあります。しかし同時に、AI導入に関する課題設定や具体的な取り組み方法について、苦労している企業も少なくありません。関西情報センターが開催するリレーセミナーは、こうした悩みに対応するためのものです。

同セミナーでは、企業ビジネスでのAI活用において必要な知識や技術がレクチャーされます。講師には第一線の研究者らを招聘し、わかりやすい形での講義・ワークショップなどを展開。「AIには関心はあるけれど何から手を付けてよいかわからない」という企業に向けて、具体的な取り組みへステップアップできる契機を提供するとしています。

第1回は、2020年1月10日

同セミナーは、2020年1月10日の第1回「機械学習の基礎とPythonハンズオンの準備」から、日時調整中の第10回「ビジネスにおけるAI活用ワークショップ(仮)」に至るまで、計10回が開催されます。会場は、大阪市中央区城見『松下IMPビル』5階に入居する関西情報センターの第1会議室です。

関西情報センターは今後も、シンポジウムやセミナーなどの開催を通じて、関西地域の産業の発展と地域の活性化に寄与するとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

企業実践的AI活用研究会 リレーセミナー – 一般財団法人関西情報センター
https://secure.kiis.or.jp/ai/seminar2019/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top