BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

商品ハンドリングを自動化。ロボットのTelexistence、NEDO事業に採択

「惑星上の隅々までロボット革命の恩恵を授ける」

Telexistence株式会社は、2019年12月16日、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 (以下「NEDO」) のAI関連事業に採択されたと発表しました。

Telexistenceは、「惑星上の隅々までロボット革命の恩恵を授ける」ことを目指してロボットの設計・製造などを手がける企業。今回、NEDOの『Connected Industries推進のための協調領域データ共有・AIシステム開発促進事業』に採択されています。

どんなものも掴むことができるテクノロジーは必須

近年における経済の発展によって、商品の流通量や種類は増大しました。こうした状況では、商品の「把持」が極めて重要なテーマとなり、どんなものも掴むことができるテクノロジーは必須となると、Telexistenceは考えます。

今回採択されたNEDOの事業において同社は、人工知能技術による商品ハンドリングの自動化を、強みであるテレイグジスタンスやロボティクス技術を活用して行います。この自動化技術は、小売・卸売・物流業界を横断する形で商品ハンドリングを実現するというもの。遠隔操作技術により、物理的制約から解放された「拡張労働力」を創出するとしています。

テクノロジーを駆使し、新たな労働基盤を実現

「拡張労働力」についてTelexistenceは、社会課題となっている労働力不足を補い、労働力の偏在を平準化する手段にもなり得ると自負。ロボティクス・通信・VR・触覚・AIといった様々なテクノロジーを駆使し、新たな労働基盤を実現するとしています。

同社は今後、人間と知能ロボティクスの共存が可能な世界を作り上げるべく、同事業において開発・事業を加速するとのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

Telexistence株式会社
https://tx-inc.com/ja/top/

NEDO “Connected Industries推進のための協調領域データ共有・AIシステム開発促進事業”に採択 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top