BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

電通と電通デジタル、データ連携ソリューション「People Driven DMP X」提供開始

データの活用機会を拡大するソリューション

株式会社電通と株式会社電通デジタルは、2019年12月18日、データ連携ソリューション『People Driven DMP X』の提供を開始したと発表しました。

この『People Driven DMP X』は、電通の統合マーケティングプラットフォーム『People Driven DMP』と、様々な企業のDMP・マーケティングクラウド・データマーケットプレイスを連携させることで、データの活用機会を拡大するソリューションとなっています。

簡単に複数のプラットフォームへアクセス

近年、安全性の高い環境下でデータの流通を可能にするデータマーケットプレイスのサービスが、日本国内においても様々な形で提供を開始しています。しかし、こうしたデータマーケットプレイスの活用に際しては、各プラットフォームとの個別のデータ連携が必要でした。この課題を解決すべく、『People Driven DMP X』は開発されています。

『People Driven DMP X』はでは、簡単かつ迅速に複数のマーケティングプラットフォームにアクセスすることが可能。利用企業は、獲得した多様なデータと自社で保有するデータを連携させることもできます。また、マーケットプレイスに参画する特定企業とのデータ連携・交換も、可能です。

「人」基点で活用できるデータ基盤

『People Driven DMP X』の母体となる『People Driven DMP』は、WEB広告接触データ・テレビの視聴ログデータ・購買データ・位置情報データなどを、「人」基点で活用することができるデータ基盤です。

なお『People Driven DMP X』の提供においては、電通がマーケティングプラットフォームとのデータ連携を担い、電通デジタルが利用企業への導入・運用サポートを行うとのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

「People Driven DMP X」の提供を開始 – 株式会社電通
https://www.dentsu.co.jp/news/release/2019/1218-009983.html

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top