BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

Laboro.AI、カスタムAI利用で建設物の揺れの制御が可能に

強化学習を利用したカスタムAIで、揺れの制御で高い効果を実現

2019年12月12日、 株式会社 Laboro.AIは株式会社大林組と建物の揺れを制御するAI開発において、今までよりも揺れの制御で高い効果を得られたと、発表しました。この効果は、強化学習を利用したカスタムAIを開発し、提供することで実現しました。

プロジェクトの概要

このプロジェクトは建設物の揺れの制御に、建物内部設置の重り(マスダンパー)の動きをAIで制御することで、今までよりも揺れにくい環境を目指しています。制振技術の振動制御は「パッシブ制振」の大きく受動的な制御法と、「アクティブ制振」の能動的な制御法があります。同プロジェクトでは、AIを活用したアクティブ制振を使用しています。

実験環境は、同社の機械学習エンジニアがシミュレーション環境を構築してシミューレーター上で効果の高い制御則を得ました。その後、大林組技術研究所内で制作された橋で、人が歩いた際の振動を制御対象として検証を行っています。

同プロジェクトは、制御技術における「フィードバック制御」の延長線上にあり、さらに最適な動きの修正が可能です。次は、リアルタイム制御が必要な機械設備など、さまざまな領域への展開を見込んでいます。

株式会社 Laboro.AI

2016年4月に設立された会社です。事業内容は、AIを用いたソリューション開発およびAIコンサルタントです。

今後同社は、大林組とさらに研究開発を進めていく予定です。また、オーダーメイドAIのソリューションである「カスタムAI」を公共交通機関などの多くの産業、企業に導入することを目指し、イノベーションを創出するパートナーとなることを目指しています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

プレスリリース
https://prtimes.jp/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top