BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

AI特許審査シミュレーションシステム「AI Samurai」、体験会もあるセミナー開催

『AI×知財革新セミナー』の第2回として開催

株式会社AI Samuraiは、2019年12月23日、セミナー『ビジネスに役立つ知財活動~AI・データの利用に関する契約、知財戦略~』を東京・大手町にて開催します。

同社は、AI特許審査シミュレーションシステム『AI Samurai』を開発・提供している企業。同セミナーは、同社が展開している『AI×知財革新セミナー』の第2回として開催されるものであり、AIを用いた知的財産戦術・戦略に関する講演と共に『AI Samurai』体験会も行われます。

『AI Samurai』を実際に利用しながら

『AI Samurai』は、出願予定である特許登録が成立する可能性を、ランク別に評価するシステム。特許庁が公開している特許公開公報と特許公報をデータベース化することで、これまで数週間を要していた先行技術調査を数分で完了可能にしました。

今回開催されるセミナーは、『AI Samurai』に興味がある開発エンジニアや知的財産御担当者を参加対象としています。当日は、AI・データの利用に関する契約や知財戦略に関する講演を実施。AIを用いた知的財産戦略・戦術についての講演では、『AI Samurai』を実際に利用しながらセミナーが展開されるとのことです。

東京・大手町の『FinoLab』にて開催

『ビジネスに役立つ知財活動~AI・データの利用に関する契約、知財戦略~』は、12月23日、東京都千代田区大手町『大手町ビル』4階の『FinoLab』にて開催。時間は、14:00から16:15までとなっています。

入場料は無料であり、定員は20人程度を予定。なお、『AI Samurai』を実際に体験するためには、ノートパソコンを持参する必要があるとのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

「ビジネスに役立つ知財活動 ~AI・データの利用に関する契約、知財戦略~」 – 株式会社AI Samurai
https://aisamurai.co.jp/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top