BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

AI骨格検出のネクストシステム、ブロードリーフと提携して新サービス開発へ

AI画像認識技術を活用したサービスを開発

株式会社ネクストシステムは、2019年12月6日、株式会社ブロードリーフと資本業務提携を行うと発表しました。

ネクストシステムは、先端技術をはじめとするシステム開発を手がける企業。ブロードリーフは、ソフトウェアやITソリューションなどを幅広く提供している企業。両社の提携は、AI画像認識技術などを活用したサービスを開発すべく行われるものです。

ネクストシステムとブロードリーフ

ネクストシステムは、AI・AR・VRなどを活用した形で開発を行っています。特にAI骨格検出システム『VisionPose』は、WEBカメラのみで複数人の骨格深度情報を検出できるAIエンジンとして、高い評価を獲得。スポーツや医療・リハビリ、さらにはエンターテイメントなどの領域においても活用されています。

ブロードリーフは、業務アプリケーションや異業種間連携プラットフォーム、またリサイクル部品マーケットプレイスや自動車関連コンテンツの開発などを手がけています。2018年には、デジタルビジネスプラットフォーム『Broadleaf Cloud Platform』の提供も開始しました。

AI技術を『Broadleaf Cloud Platform』に組み込む

両社の提携では、ネクストシステムが保有するAI技術がブロードリーフの『Broadleaf Cloud Platform』に組み込まれます。物体認識・骨格認識・モーション解析などの要素技術をITソリューションに融合させることで、人間とITを繋ぐ新たなサービス開発を推進するとのことです。

両社は今後、双方の強み・ノウハウを統合することで、より良い世の中の創造を目指すとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ブロードリーフと資本業務提携 AI画像認識技術を用いたサービスを共同開発 – 株式会社ネクストシステム
https://www.next-system.com/topics/release/post=5332

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top