BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

経済ニュースや決算情報をAIで解析する「xenoBrain」、2020年1月に大幅刷新

以前より精緻な将来予測が可能になる

株式会社xenodata lab.は、2019年12月5日、同社のSaaSサービス『xenoBrain』を2020年1月に大幅刷新すると発表しました。

『xenoBrain』は、経済ニュースや決算情報をAIで解析し、企業の業績への影響を予測するサービス。刷新後は米大手リサーチファームとの提携を開始し、以前より精緻な将来予測が可能になるとのことです。

業績・業界需要・素材価格の変化予測を実現

グローバル化・複雑化が進行した現在では、たった一つのニュースによって企業が多大な影響を蒙ることも、少なくありません。ニュースに対して、自社に及ぶ影響を正確に察知し、また迅速かつ高精度な対応を行うことは、今や企業の競争力の源泉にもなっています。

こうした状況において『xenoBrain』は、経済ニュースや決算情報が企業の業績に与える影響を予測しています。予測には、特許取得済みの高度な自然言語処理技術を活用し、文章の意味把握と構造化を実現。帝国データバンクが持つ信用調査データなどとも組み合わせて、業績・業界需要・素材価格といったトピックの変化予測を可能にしました。

企業の意思決定をさらに加速させる

2020年1月の刷新後、『xenoBrain』は米国の大手リサーチファームとの提携により、統計情報などの調査データをAIの解析結果に掛け合わせることが可能となります。将来予測の時間軸や影響度が細分化された形で表記されるため、利用企業は重要な将来予測を一目で把握することが可能です。

xenodata lab.は刷新後の『xenoBrain』において、企業の意思決定をさらに加速させるとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

経済の未来を予測する「xenoBrain」を大幅刷新、1月より提供開始 – 株式会社xenodata lab.
https://www.xenodata-lab.com/news/20191205/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top