BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

GEヘルスケア・ジャパン、医療用ソリューションを提供

国内初、医療メーカーのマルチベンダーと互換性を持つビューワを臨床画像診断で活用

2019年11月27日、GEヘルスケア・ジャパン株式会社はVNA(Vendor Neutral Archive)とOCDB(Open Connect Database)、DICOMweb技術を組み合わせて臨床画像診断での活用を開始したと、発表しました。この取り組みは、国内初になります。

ソリューションの概要

国内で多数導入されている、PACS(医療用画像管理システム)は、同一メーカのサーバと画像ビューワが必要です。新たにメーカーの異なる循環器やマンモグラフィなどの専用ビューワを使用する場合は、別途個々の専用サーバが必要でした。また、3D画像のため容量の問題もありました。

VNAは他社ビューワの画像の保存や管理が行えます。また、高速データアクセスを可能とする新しいソリューションです。

第一弾として、PSP株式会社のビューワが接続され、慶應義塾大学病院で臨床画像診断での利用が開始されています。

ソリューションのメリット

医療従事者のニーズに対応し、メーカを意識することなく、必要なビューワの選択ができます。VNA内データに高速アクセスできることで、これまでビューワ毎に必要だった専用のサーバが不要で、ストレージ容量も少なくすることが可能になりました。

また、画像データを一元管理することができるため、データの種別や期間に依存することなく保存ができ、患者を中心とした画像診断に貢献します。画像診断専門医にとっては、業務の効率化が図れます。

(画像はGEヘルスケア・ジャパン株式会社 ニュースより)

▼外部リンク

GEヘルスケア・ジャパン株式会社 ニュース
http://www3.gehealthcare.co.jp/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top