BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

Glossom、オプトと協業で読了傾向を把握しメディア価値向上を支援

メディアを読み終える傾向の把握で、メディアの価値向上を支援

2019年11月27日、Glossom株式会社は株式会社オプトと協業し、データ活用でデジタルメディアの価値向上を支援すると、発表しました。同社は、グリー株式会社の100%子会社です。

協業の内容

同社の「QUANT」はメディアの読了傾向を把握でき、ライター評価やタイアップ広告を得意としています。株式会社オプトの「TRIVER」はメディアの読了傾向とアンケート回答を組み合わせた、読者の理解を得意としています。

協業により、両社の技術などを連携させ、読了傾向から得られるマーケティング効果の可視化を強化し、メディアの価値向上支援を試みていきます。

「QUANT」の概要

メディアサイトや記事ごとにタグを導入している箇所を読み終える傾向や、態度変容の計測を行います。また、訪問したユーザの属性(性別、年収、職業等)を把握し、傾向を割り出すことができます。ユーザがどこまで記事本文を読んだかを分析することで、伝えたいコンテンツの影響度をレポーティングすることが可能です。

また、外部DMPと連携が可能で、ユーザ属性と合わせてオーディエンスデータを生成することができます。ユーザのクラスター単位にセグメントしたコミュニケーション、その態度変容が計測でき、メディア記事の読まれ方を、定量的に可視化することができます。

(画像はGlossom株式会社 ニュースより)

▼外部リンク

Glossom株式会社 ニュース
https://www.glossom.co.jp/news/5ddb7a6d.html

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top