BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

nehan、機能追加でSQL不要でデータ分析が可能に

分析ツールnehanに機能追加

2019年11月25日、株式会社nehanは自社の分析ツールnehanに新機能を追加したと、発表しました。この機能は、データ取得に必要SQLをプログラミングなし作成でき、データを取得できる機能です。

新機能のSQLビルダーとは

データベース言語のSQLスキルがなくても、簡単な操作でデータの取得が可能な点と、データ加工のプロセスが見える化されていて保守性が高い点が特徴です。業務の効率化とデータ活用の促進を実現できます。このビルダーはSQLでは困難な「横展開(クロス集計)」「縦展開」も実装しています。

現在対応しているプラットフォームは、「Google BigQuery」や「PostgresSQL」、「AWS Athena」です。

nehanの機能と組み合わせることで、データベースよりデータを取得し、前処理をした後、ダッシュボード化し毎日自動更新します。また、機械学習モデル構築や精度検証、予測結果の算出が可能です。中間データをデータベースにエクスポートし、毎日自動実行することも可能で、途中の結果を確認できます。

分析ツールnehanとは

分析の作業時間を短縮し、思考する時間を増やすことで、ビジネスのデータ活用を促進するサービスです。データサイエンティストの作業時間を、簡単操作で完結させることができます。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

プレスリリース
https://prtimes.jp/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top