BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

AIチャットボット『Bebot』、東京メトロ銀座線で外国人旅行者向け実証実験

外国人旅行者の問い合わせに対応する形で

株式会社ビースポークは、2019年11月29日、同社のAIチャットボット『Bebot』の実証実験を東京地下鉄株式会社(以下「東京メトロ」)と共に実施すると発表しました。

『Bebot』は、訪日外国人向けコンシェルジュ業務を行うスマートフォン用サービス。実証実験は、東京メトロ銀座線の各駅にて外国人旅行者の問い合わせに対応する形で実施されます。

「ガイドブックを超える体験」を可能に

ビースポークは、日本とアメリカに拠点を持つIT企業です。同社は、「地元の人が案内してくれているような安心感」を スマートフォン1つで再現することを目指し、『Bebot』の開発を企図。世界8カ国からトップレベルの開発者や研究者を採用し、「ガイドブックを超える体験」を可能にする『Bebot』を提供するに至りました。

『Bebot』は、旅行先での駅構内情報や乗り換え案内、また駅周辺の観光スポットといった問い合わせに対して、AIが英語でリアルタイムに対応。増え続ける外国人旅行者へ対応が人材不足で困難な事業者であっても多言語化を容易に実現できるサービスとなっています。

AIチャットボットのニーズや有効性を検証

東京メトロ銀座線で実施される『Bebot』の実証実験では、各駅の駅施設情報や周辺観光案内、また乗車券案内が英語で提供されます。実験ではAIチャットボットのニーズや有効性を検証し、結果は今後の施策に活かされるとのことです。

なお、この実証実験の実施期間は、2019年12月1日から2020年2月29日となっています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社ビースポーク
https://www.be-spoke.io/jp/

AIチャットボット「Bebot」の実証実験を開始 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/0

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top