BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

フォーティネットのメールゲートウェイ「FortiMail」、アイテック阪急阪神が採用

セキュリティレベルとコスト削減を両立

フォーティネットジャパン株式会社は、2019年10月24日、同社のセキュアメールゲートウェイ製品『FortiMail』が、アイテック阪急阪神株式会社に採用されたと発表しました。

『FortiMail』は、セキュリティレベルとコスト削減を両立するゲートウェイ製品。アイテック阪急阪神は、メールサービス基盤を強化すべく同製品を採用しています。

強力な保護機能で、データの喪失を防止

フォーティネットジャパンは、世界中の大手企業・サービスプロバイダ・政府機関のセキュリティを担っているフォーティネットの日本法人です。フォーティネットは、アプリケーション・クラウド・モバイルと環境を問わず、妥協のないセキュリティ製品を、世界中で提供。世界最多のセキュリティアプライアンスを出荷しています。

同社の『FortiMail』は、サイバー犯罪者にとって成功率の高い攻撃対象であるEメールにおいて、トップクラスの保護を常に提供している製品です。FortiGuard Labsの最新のテクノロジーとセキュリティサービスを活用して、高度な脅威の進入を阻止。また、統合された強力なデータ保護機能によって、データの喪失を防止しています。

多層防御を実施してきたアイテック阪急阪神

今回『FortiMail』を採用したアイテック阪急阪神は、阪急阪神東宝グループの情報サービス事業会社です。メールサービスの提供においても多層防御を実施していた同社は、機器リプレイスのタイミングに合わせて次期セキュリティ製品を検討。結果として、『FortiMail』を選定するに至りました。

フォーティネットジャパンは今後、アイテック阪急阪神のメールサービス事業がさらに成長するように、継続的なサポートを行うとのことです。

(画像はpixabay.comより)

▼外部リンク

アイテック阪急阪神、FortiMailを採用しメールサービス基盤を強化 – フォーティネットジャパン株式会社
https://www.fortinet.com/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top