BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

アクセルとAcculusのAIソリューション、次世代自動車で「見守り」を実現へ

豊田合成の次世代ハンドルモジュールに採用

株式会社アクセルと株式会社Acculusは、2019年10月25日、両社のAIソリューションが次世代自動車のハンドルモジュールに採用されたと発表しました。

アクセルは、ディープラーニングのフレームワーク『ailia SDK』を提供している企業。Acculusは、機械学習モデル『Acculus Pose』を開発した企業。豊田合成が東京モーターショーにて展示する次世代ハンドルモジュールに、『ailia SDK』と『Acculus Pose』は採用されています。

アクセルとAcculus

『ailia SDK』を提供するアクセルは、グラフィックスLSIや圧縮伸縮技術の研究開発を強みとするファブレス半導体メーカーです。同社のグラフィックLSIは、高度な画像処理能力が必要なパチンコ・パチスロ機市場において圧倒的なシェアを獲得。また近年は、機械学習やブロックチェーンなどの分野でも事業を展開しています。

『Acculus Pose』を開発したAcculusは、AI・ディープラーニングを活用した画像認識技術の研究開発を手がける企業。『Acculus Pose』は、人物の動作解析をターゲットとして開発されており、監視カメラ・異常行動検知・運転者監視・介護といった分野での応用が目指されています。

スマートモビリティ社会に貢献する製品を開発

『ailia SDK』と『Acculus Pose』が採用された豊田合成の次世代ハンドルモジュールは、ディープラーニング技術を用いてドライバーの状態を感知するというもの。ハンドル内に搭載したカメラの映像を、『ailia SDK』と『Acculus Pose』によって解析し、「見守り機能」を実現しています。

アクセルとAcculusは今後も、次世代スマートモビリティ社会に貢献する製品開発に取り組むとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

アクセルとAcculus 両社が提供するAIソリューションが次世代車載機のPoCに採用 – 株式会社アクセル
https://www.axell.co.jp/ir/pdf/AXELL_PR20191025.pdf

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top