BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

ジオマーケティング、AIを活用した商業施設とテナントのマッチングサービスを開始

「gleasin」の提供を開始、根拠に基づいたテナントマッチングサービスを実現

2019年10月15日、ジオマーケティング株式会社は「gleasin」を同日リリースしたと、発表しました。「gleasin」は、AIを活用した商業施設とテナントのマッチングサービスです。

サービス開発の背景

同社は15年間にわたり大型商業施設のテナントの組み合わせを、データ活用によって支援してきました。また、チェーン店や輸入自動車のディーラーが成長できる店舗網計画を、AIで支援した実績もあります。「gleasin」はこのコンサルティング経験を蓄積した、無料で利用できるウェッブ上のサービスです。

同サービスは、変化する市場をいち早く学習し、今後の需要をデザインするために開発されました。

サービスの概要と特徴

精度の高い売り上げ予測がAIにより可能となりました。その売り上げ予測をベースに商業施設、テナントのマッチングの意思決定をサポートします。施設と相性のよいブランドを紹介する機能もあり、出店候補地から交渉までをワンストップで行います。

商業施設とテナント企業の双方からアプローチをサポートする予定で、顧客にとっても魅力的な施設づくりが実現可能です。

これらは、今までのマッチングサービスと異なる特徴です。

(画像はジオマーケティング株式会社 プレスリリースより)

▼外部リンク

ジオマーケティング株式会社 プレスリリース
https://geomarketing.co.jp/news/topics/138/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top