BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

早期退職をAIが予測する「TRANS.HR」、「HRアワード2019」受賞

人材採用・雇用部門にて「優秀賞」を受賞

株式会社トランスは、2019年10月21日、同社提供サービス『TRANS.HR』が『HRアワード2019』のプロフェッショナル人材採用・雇用部門にて「優秀賞」を受賞したと発表しました。

『TRANS.HR』は、採用候補者の入社後活躍・早期退職をAI(機械学習)が予測する、ピープルアナリティクスサービス。『HRアワード』は、HR(人事)領域で優れたサービスなどを表彰しているアワードです。

入社後活躍・早期退職について予測を可能に

トランスは、東大創業者の会応援ファンドを出資元として2018年4月に設立された企業です。代表者の塚本鋭氏は、東京大学大学院においてAIや大規模シミュレーションの研究に従事した人物。株式会社野村総合研究所から株式会社クラウドワークスを経て、トランス設立に至っています。

同社の『TRANS.HR』は、採用から退職に至るまでのHRデータを一元管理・分析する基盤と、HRに特化したAIの予測アルゴリズムを備えたサービスです。未来予測に最適化された独自の「TRANS.適性診断」を提供し、採用候補者の入社後活躍・早期退職について予測を可能にしています。

300点を超える応募の中から受賞

『TRANS.HR』は、「勘」や「経験」だけに頼る人材採用から脱却し、事実・データに基づいた比較・分析を可能にすべく、開発されました。2019年6月にβ版が公開されて以来、上場企業を中心として既に70社以上が利用しています。

『TRANS.HR』が「優秀賞」を受賞した『HRアワード2019』は、『日本の人事部』が主催し、HR領域で最も注目度が高いアワードのひとつ。同サービスは、300点を超える応募の中から受賞するに至っています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

日本の人事部「HRアワード2019」プロフェッショナル部門「優秀賞」受賞 – 株式会社トランス
https://trans-production.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top