BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

広告効果分析ツール「マゼラン」、英米のプラットフォームと連携開始

『Arm Treasure Data CDP』『Datorama』と連携

株式会社サイカは、2019年10月17日、同社の広告効果分析ツール『XICA magellan』(以下『マゼラン』)が英米のプラットフォームと連携を開始した発表しました。

『マゼラン』は、多種多様な広告効果を統合的に分析するツールです。今回、英Arm社の『Arm Treasure Data CDP』と、米セールスフォース・ドットコム社の『Datorama』との間で、連携を開始しています。

広告予算の最適案を算出し、マーケティングを支援

『マゼラン』は、リスティング広告や動画広告といったインターネット広告に加えて、テレビCMや交通広告なども統合した形での分析を実現。広告予算の最適案を算出することで、マーケティング活動を支援しています。

『マゼラン』を提供する中でサイカは、多くの企業が「データを収集することが難しい」といった悩みを持つことを察知しました。そして、データ分析の準備工程にあたるデータ収集・加工について、導入企業の負荷が大きいと判断。この負荷を軽減すべく、『Arm Treasure Data CDP』『Datorama』との連携に至りました。

導入企業ではデータ連携の効果が現れている

『Arm Treasure Data CDP』は、オンライン広告配信やCRMなどの領域において、消費者一人ひとりのカスタマーデータを統合するプラットフォーム。『Datorama』は、数十から数百のデータソースをAIなどにより統合し、マーケティング活動全体の統一的な管理を実現するプラットフォームです。

『マゼラン』と両プラットフォームとの連携は既に開始されており、パナソニック株式会社などの『マゼラン』導入企業ではデータ連携の効果が現れているとのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社サイカ
https://xica.net/

「XICA magellan」、 Arm、Datoramaのデータプラットフォームと連携開始 – @Press
https://www.atpress.ne.jp/news/195992

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top