BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

日立ソリューションズ東日本、IoT/データ分析ソリューション「WellLine」の提供開始

生産性や品質向上を実現

株式会社 日立ソリューションズ東日本は、2019年10月16日、製造業向けの生産性向上IoT/データ分析ソリューション『WellLine』の提供を開始しました。

『WellLine』は、製造業の設備と人の状況を可視化し、これまでのデータ分析のノウハウを活用したソリューション。

収集したデータを、即座に可視化

近年の製造業では、働き手と働く時間の縮小が深刻化しています。こうした状況に対応する形で、業務の効率化・自動化を実現するAI・IoT・RPAといった最新技術への関心が、急速に高まりを見せ始めました。製造業企業では、これら技術を活用した生産性向上実現が、重要な課題となっています。

『WellLine』は、こうした製造業企業から「現場の多種・大量なデータに、AI・IoT技術を適用したい」という要望を受け、開発されました。同ソリューションでは、様々な設備の稼働状態を無線で収集すると共に、設備周辺で行われている人の作業状況も容易に把握。収集したデータは、即座に可視化できるようになっています。

可動率などの指標を、生産性の目安として提供

『WellLine』では、現場から収集したデータを蓄積・分析し、可動率などの指標を生産性の目安として提供することも、可能です。指標は、見やすい様式のチャートで可視化しているため、分析のスペシャリストでなくても改善点を把握することができます。

日立ソリューションズ東日本は今後、『WellLine』を提供することで、製造業の生産性向上を強力に支援するとのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

IoT/データ分析ソリューション「WellLine」の提供を開始 – 株式会社 日立ソリューションズ東日本
https://www.hitachi-solutions-east.co.jp/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top