BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

西友、各店舗に日立の「AI需要予測型自動発注サービス」導入を開始

西友、サービス導入で食品ロスを削減

2019年10月9日、合同会社西友は株式会社日立製作所と協創して「Hitachi Digital Solution for Retail/AI需要予測型自動発注サービス」を2019年10月から全国の店舗に導入を開始すると、発表しました。

自動発注の対象商品は、同社が販売する弁当や惣菜売り場の自社工場で製造した商品をはじめとする、250アイテムです。

サービス導入の背景

人手不足や2019年10月1日に施行された「食品ロスの削減の推進に関する法律」により、効率的に需要変化に対応できる店舗運営が望まれています。

同システムではAIにより店舗や商品ごとに高度な需要予測を行い、発注量を決定し、発注作業の自動化を実現します。発注作業をAIに任せることで、働き方改革を推進し、さらなる店舗業務効率化や売り場の活性化を図ると共に、食品ロス削減によるSDGs達成への貢献を目指しています。

システムの運用について

西友が店舗の弁当、惣菜の発注日、商品毎の在庫、発注、販売、廃棄量、気象、曜日、節変動、販促イベントなどのデータを日立に提供します。このデータを同システムのAIで分析し、店舗別、アイテム別の推奨発注量を自動算出し、西友に提供します。

さらに、日立が実績値と予測値を比較し自動補正を行うことで、需要予測精度の向上を図ります。

(画像は合同会社西友 プレスリリースより)

▼外部リンク

プレスリリース
https://www.walmartjapanseiyu.com/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top