BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

NEDO受託事業でも活用、AI人材育成オンライン教材の発売を開始

SIGNATE、AI活用を目的とした人材育成講座の発売を開始

2019年10月1日、株式会社SIGNATEは「SIGNATE Quest」の発売を同日開始したと、発表しました。「SIGNATE Quest」はAI活用を目的としたスタッフの育成講座で、この講座はネット上で受講できます。

講座開発の背景

AIの活用が進んでいる現在、導入を検討するスタッフの育成は、各企業にとって重要な課題となっています。同講座はその課題に対応した、新しい講座です。AIを実装するデータサイエンティスト育成からプロジェクトを推進するためのビジネス系人材の育成を目標とした、人材像にあわせて学べる仕組みを目指しています。

また、同講座は国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合機構(NEDO)より同社が受託した「AI Quest(課題解決型AI人材育成事業)に関する調査事業」で利用されています。さらに、さくらインターネット株式会社が実施している、経済産業省事業の衛星データ活用技術者養成「Tellus Trainer」、広島県が実施する「ひろしまサンドボックス AI人材育成チャレンジ実施業務」においても利用が予定されています。

講座の概要

実践型の講座で、全講座自由に受講が可能な月額のサブスクリプション課金です。そのため、自分のペースで希望の講座を学習できます。

講座は月単位で2~3増えていき、管理者は受講者の進捗やアクセス状況、成績等なども把握できます。

同社は初年度は100社導入、3年で400社導入を目標としており、DX人材の育成を通じて企業の生産性向上に貢献していきます。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

プレスリリース
https://signate.co.jp/news/2019/201910031400.html

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top