BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

若手役職者は自己肯定感が高くポジティブ!出世する人の性格傾向

「性格ナビ」で役職者と一般を診断

株式会社プロセスジャパンは、採用・教育支援として活用できる性格診断ツール「性格ナビ」を提供しています。20代~30代の若手役職者の性格判断を行い、10月11日に傾向と分析を公開しました。

若手リーダーは「私もあなたも正しい」と考える

調査は、20代~40代を中心とした男女3,858人と、20代~30代を中心とした役職者91名の回答を集計・比較しています。

同ツールは、「自分と他者」をどのように捉えているかを診断。「I’mOK You’reOK(私は正しい、あなたも正しい)」と回答した役職者は53%、その他は34%となりました。

「自分が正しく相手を否定する」役職者は14%、その他17%、「自分が間違っており相手が正しい」とする役職者は22%、その他が27%、「どちらも間違っている」という役職者は11%、その他は22%という結果でした。

さらに、人の性格を表す外向性や神経質、調和性など5つの因子を計測。神経質傾向の役職者は0.62ポイント、その他は0.77ポイントとなりました。

自己肯定は良いマネジメントにつながる

このことから、役職者は一般と比較して自己肯定感が高くポジティブであることが分かります。

この調査では、出世したことによりポジティブになったのか、ポジティブだから出世したのかの判定はできなかったとしていますが、自己肯定感がポジティブにつながり、マネジメントの差に表れると指摘しています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

プロセスジャパンのプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000048624.html

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top