BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

住友商事、デジタルトランスフォーメーション専門の新会社としてInsight Edge設立

グループのDXを加速させるべく設立

住友商事株式会社は、2019年10月11日、DX(デジタルトランスフォーメーション)技術の専門会社として、株式会社Insight Edgeを新たに設立したと発表しました。

住友商事はDXについて、同社グループの事業をパラダイムシフトさせる好機になり得ると判断。グループのDXを加速させるべく、Insight Edgeの設立に至ったとのことです。

先端のデータサイエンティストやITアーキテクトを採用

Insight Edgeは、住友商事グループが展開する広範な事業分野において、DXを進めることになります。そのため同社は、先端のデータサイエンティストやITアーキテクトを採用。またSCSK株式会社とも協調し、DXの課題設定から商用化までのプロセス短縮化と、商用化後の安定した運用保守体制の構築が、推進されます。

Insight Edgeはさらに、AIなどのデジタル技術を住友商事グループへ導入すべく、先端技術を保有するスタートアップやIT企業との連携も企図。スタートアップとの共創ではグローバルCVCのネットワークを活かし、ハードウェアスタートアップとの連携では『HAX Tokyo』を活用するとのことです。

さらなる先端技術の取り込みが必須と判断

住友商事は、テクノロジーを活用した次世代新規ビジネス創出を成長戦略のひとつに据えています。2018年4月には「DXセンター」を設立し、先端人材と共にDXを推進。こうした取り組みの中で同社は、さらなる先端技術の取り込みが必須と判断し、そのための技術専門集団としてInsight Edgeを設立するに至りました。

同社は今後もデジタル技術活用を高度化させ、既存事業のバリューアップや新規事業開発などに繋げるとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

DX技術専門会社「株式会社Insight Edge」の設立について – 住友商事株式会社
https://www.sumitomocorp.com/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top