BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

Retty、東京大学大学院のデータサイエンティスト養成を引き続き支援

口コミグルメサービス『Retty』。

Retty株式会社は、2019年10月9日、東京大学大学院におけるデータサイエンティストの養成・育成を、引き続き支援すると発表しました。

同社は、実名口コミグルメサービス『Retty』の運営などを手がける企業です。2019年4月より東大大学院情報理工学系研究科が実施する『領域知識創成教育研究プログラム』への連携を開始しており、10月以降も支援を継続するとのことです。

人材不足が深刻なデータサイエンティスト

近年、ビジネスシーンにおけるIT利活用の高度化・多様化が進む中で、データサイエンティストへのニーズが様々な領域で顕在化しています。ビッグデータ解析を課題解決に応用するデータサイエンティストは、今後もその需要が高まると予測されていますが、同時に人材不足の深刻さも顕著になってきました。

こうした状況において『領域知識創成教育研究プログラム』は、データサイエンティストの育成を目的として開設されました。IT人材育成を急務と考えるRettyも、同プログラムへの支援を開始。自然言語処理や画像解析を通したテーマを提出すると共に、同社のデータサイエンティストも実際に講義へ参加しているとのいことです。

『Food Data Platform』の一部データも活用

『領域知識創成教育研究プログラム』では、Rettyが2019年10月1日より提供しているビッグデータ連携基盤『Food Data Platform』の一部データも、活用されています。『Food Data Platform』は、『Retty』に蓄積された各種データを企業サービスとシームレスに連携させるというものです。

Rettyは今後も、先端IT技術の研究開発・人材養成・育成の支援を、産学連携を含めて推進するとしています。

(画像はpixabay.comより)

▼外部リンク

Retty株式会社
https://corp.retty.me/

Retty、データサイエンティスト養成を引き続き支援。東京大学大学院と連携 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/r

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top