BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

ニールセン、どんな小売業も手軽に利用できるBIツール「BES」発表

マーケティング調査とデータ分析のニールセン

ニールセンカンパニー合同会社は、2019年10月9日、BIツールの新ソリューション『BES(Business Effectiveness Solution)』を発表しました。

同社は、世界最大級のマーケティング調査とデータ分析の企業である米ニールセン本社の日本法人。『BES』は、どんな小売業であっても手軽に利用できるBIツールとなっています。

効率的に現状を把握するための情報を提供

ニールセン本社は、消費者と市場における最も完全で信頼されたインサイトを、90年以上にわたって世界規模で提供している企業です。メディア・広告・小売業において日々直面する問いに答えるべく、科学的な正確性・革新性に基づくデータの分析方法を、開発し続けています。

同社は、「今何が起こっているのか」「今後何が起こるのか」を知り、さらにはどう行動するのがベストなのかを顧客が見出せるよう、世界中で支援を展開。100ヵ国以上に設置された拠点にて、効率的に現状を把握するための情報を提供しています。

内部ユーザーが増えてもコストは変わらない

ニールセンの『BES』は、売上利益要因分析や品揃え適正化分析、メーカー・卸の効率性分析や販促分析といった機能を備えたBIツールです。運用はクラウド上で行われ、会員カードがあればID-POSの分析も可能となっています。契約は企業に対して行われるため、内部ユーザーが増えてもコストは変わりません。

『BES』について同社は、小規模小売業から大規模小売業、またスーパーマーケットやファッション・ストアなど、様々な業態に対応可能です。

(画像はpixabay.comより)

▼外部リンク

簡単に使えるBIツール新ソリューション「BES」登場 – ニールセンカンパニー合同会社
https://www.nielsen.com/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top