BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

ニューラルポケットとクオリカが業務提携を開始

業務提携でMD業務効率化、アパレル業界で新しい業務モデル確立を目指す

2019年10月3日、ニューラルポケット株式会社とクオリカ株式会社は業務提携を開始すると、発表しました。この業務提携で、MD(マーチャンダイジング)業務の効率化を図ります。

業提携の内容

ニューラルポケット株式会社の提供する「AI MD」のファッショントレンド解析と、クオリカ株式会社の提供する「MDSS」の商品の消化状況と在庫管理などを連携させます。この連携で、「適正な商品」を「適正な時期」に「適正な場所」「適正な量」「適正な価格」で顧客に提供するMD業務を効率化することができます。

また、ファッション市場全体のトレンド解析を追加し、新しい業務モデルの確立を目指しています。

「AI MD」と「MDSS」とは

「AI MD」とは、SNSも含めた世界中のファッションメディアから、最新のコレクションやトレンド写真を24時間収集しています。そのビックデータを解析し、色や流行を予測します。

このサービスは2018年8月から開始しており、複数の国内アパレル業者に利用されています。導入した企業の中には、例年比平均10%ポイントのプロパー消化率の改善が報告されています。

「MDSS」とは、アイテムや品番、SKUレベルでの消化状況を把握できる、情報分析、MD計画(品揃え計画)システムです。同システムを導入した企業の中には、プロパー消化率を高め粗利率を4~5ポイント改善できたと報告されています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

プレスリリース
https://prtimes.jp

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top