BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

オラクルのデータ分析クラウド、EBPM支援ツールとして東京都三鷹市に導入

証拠に基づく政策立案を支えるデータ分析基盤

日本オラクル株式会社は、2019年10月10日、データ分析クラウド『Oracle Autonomous Data Warehouse』および『Oracle Analytics Cloud』が、東京都三鷹市に導入されたと発表しました。

三鷹市においてオラクル製品は、EBPM(証拠に基づく政策立案)を支える高度なデータ分析基盤として、活用されているとのことです。

第2世代インフラストラクチャを提供しているオラクル

日本オラクルは、『Oracle Autonomous Database』に代表される第2世代インフラストラクチャを提供しているオラクル・コーポレーションの日本法人です。

今回三鷹市に導入された『Oracle Autonomous Data Warehouse』は、これまではデータベース管理者が手動で行っていた様々なタスク実行を、機械学習によって自動的に行うという製品。データのアクセス・パスを自動でチューニングし、インサイトの迅速な抽出を可能にしています。

『Oracle Analytics Cloud』は、インタラクティブ・ダッシュボードの構築や、予測のための機械学習アルゴリズムといった機能を提供。任意のデータについて、何でも質問できる単一プラットフォームとなっています。

導入が極めて容易である点を評価

三鷹市は、東京都多摩地区東部に位置する自治体です。現在は、「官民データ活用推進基本法」の趣旨を踏まえ、EBPMの取り組みを積極的に進めています。

このEBPMの推進支援ツールとして、同市はオラクル製品を導入しました。選定にあたり同市は、同社製品は導入が極めて容易である点を評価。データ分析基盤を自ら構築することで、導入コストの大幅な削減も実現できたとのことです。

(画像はpixabay.comより)

▼外部リンク

三鷹市、オラクルのデータ分析クラウドを活用し政策企画・立案を強化 – 日本オラクル株式会社
https://www.oracle.com/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top