BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

TDB「業界天気図」を公開、業界の見通しは「曇り」予想

2019年度の業界展望

帝国データバンクは10月8日に、「業界天気図」動向調査を発表しました。2019年度の業界展望の見通しを行ったもので、国内景気DIの回復基調という結果と異なり、「曇り」予想が最多となっています。

「晴天」が減少、「曇り」が増加

同調査は、100業界197分野の業界動向について、それぞれの「天気図」予想から、展望とポイントをまとめています。

2019年度は、「晴天」と予想される分野が84分野で前年度より3分野減少。「雨天」が予想される分野は前年度同様41分野、「曇り」は72分野で前年度より3分野増加しました。

天気の改善・悪化状況は、「改善」が前年度より18分野減少し 9 分野。集計可能な1999年以降最少です。「悪化」は4分野減少しましたが 14 分野となり、3年ぶりに「改善」を 上回る見通しです。

不透明な社会情勢、指数は3年ぶりの悪化

「改善」が見込まれる分野はソフトウェア開発、通信など。外食は低迷ながらも上向きとなっています。「悪化」が見込まれる分野は総合商社、半導体・電子部品などがあげられています。

天気図の改善・悪化を指数化した業況インデックスによる2019年度の見通しは、全体で48.7。判断基準の50.0を下回り、3年ぶりの悪化を示しています。米中摩擦や海外の社会情勢の悪化、消費税引き上げ後の消費動向の不透明さが要因とみています。

(画像は写真ACより)

▼外部リンク

帝国データバンクのプレスリリース
http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/p191001.html

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top