BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

AIのオプティムとドローンのエンルート、スマート農業の推進で協業開始

AI・IoT・ドローンを活用したスマート農業

株式会社オプティムと株式会社エンルートは、2019年10月8日、AI・IoT・ドローンを活用したスマート農業において、協業を行うと発表しました。

オプティムは、AI・IoT・ビッグデータプラットフォームのマーケットリーダーを自認する企業。エンルートは、国産ドローンのトップブランド企業です。

AI解析技術とロボティクス技術を連携

日本の農業は現在、従事者の高齢化や深刻な労働力不足といった問題に直面しています。この課題の解決を図るべく政府は、ドローン活用の推進を企図。規制改革推進会議において、農薬散布の規制を緩和しました。また農林水産省も、ドローンで散布可能な農薬の範囲拡大などを推進しています。

オプティムとエンルートの協業は、こうした動きに呼応する形で開始されるものです。協業の内容としては、まず農薬の自動飛行散布が可能なドローンの開発を企図。さらに、オプティムのAI解析技術とエンルートのロボティクス技術を連携させ、スマート農業を実現するサービスの提供も目指すとしています。

より効率よく多面的なものとなるように

株式会社オプティムは、「ネットを空気に変える」というコンセプトを掲げ、誰もがネットの創造性・便利さを享受できる製品・サービスの開発に尽力しています。エンルートは、「働くドローン」の開発・販売に邁進しており、同社ドローンが農林水産航空協会の認定第1号となった実績も持ちます。

両社は今後、ドローンの農業利用がより効率よく多面的なものとなるよう、積極的な活動を展開するとのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

AI・IoT・ドローンを活用したスマート農業分野での協業を発表 – 株式会社オプティム
https://www.optim.co.jp/newsdetail/20191008-pressrelease

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top