BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

最大13ヶ国語対応。ランゲージワン、「多言語AIチャットボットサービス」提供開始

FAQナレッジを多言語に翻訳した上でAIに学習

ランゲージワン株式会社は、2019年10月7日、最大13ヶ国語に対応した『多言語AIチャットボットサービス』の順次提供を、企業と自治体向けに開始しました。

ランゲージワンは、多言語電話・映像通訳サービスを提供している企業です。同サービスは、FAQナレッジを多言語に翻訳した上でAIに学習させ、相談・お問い合わせの一次対応を無人化・自動化するというものになっています。

多言語AIエンジン『APTWARE』を採用

昨今、訪日外国人の数は増加し続けており、2018年には3100万人を超えました。また、国内の労働人口減少を背景として、外国人労働者数も140万人を突破。企業や自治体の相談窓口は、幅広い分野の相談・問い合わせに対して、多言語で対応を行うことが求められるようになっています。

ランゲージワンの『多言語AIチャットボットサービス』は、こうした状況に対応すべく登場しました。同サービスでは、ソフトバンク株式会社の多言語AIエンジン『APTWARE』を採用。相談窓口が持つFAQナレッジを翻訳し、窓口の端末などにおける24時間365日自動対応が可能なサービスとなっています。

ナレッジサポートとしても活用可能

AIチャットボットによる自動化導入は、企業や自治体の相談窓口担当者に対して、より重要性の高い相談などへの注力を実現します。また同サービスは、窓口担当者に対するナレッジサポートとしても、活用が可能です。

ランゲージワンは今後も、企業や官公庁・自治体の窓口において円滑なコミュニケーションを支援するとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

最大13ヶ国語対応の「多言語AIチャットボットサービス」を順次提供開始します – ランゲージワン株式会社
https://www.languageone.qac.jp/20191007news2/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top