BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

AIドライバーアシスタント「Pyrenee Drive」、「グッドデザイン賞」受賞

「モビリティ社会の少し先の未来」を見据えて開発

株式会社Pyreneeは、2019年10月2日、同社が開発中のAIドライバーアシスタント『Pyrenee Drive』が、2019年度『グッドデザイン賞』を受賞したと発表しました。

『Pyrenee Drive』は、「モビリティ社会の少し先の未来」を見据えて開発されたAI製品です。『グッドデザイン賞』で同製品は、設置のしやすさやドライバーに寄り添う製品コンセプトが評価されています。

ヒューマンエラーをAI活用により回避

『Pyrenee Drive』は、交通事故の9割以上の原因であるヒューマンエラーを防ぐべく、AI技術により能動的に運転を支援する製品として開発されました。同製品では、歩行者や車両の見落としや発見の遅れなどを、AI活用により回避。交通事故の大幅な低減を、可能にしています。

『グッドデザイン賞』賞審査委員は、この『Pyrenee Drive』について「新しい車載機器カテゴリー」と評価。また、高度先端技術を幅広いユーザーに対して提供しようとする企業姿勢についても、高く評価。後付け型に相応なデザインや、手頃な価格への評価も合わせて、今回の受賞に至りました。

『GOOD DESIGN EXHIBITION 2019』に展示

『グッドデザイン賞』は、日本を代表するデザインの評価およびプロモーション活動として、毎年実施されている表彰制度です。国内外の多くの企業や団体が参加し、社会の課題やテーマの解決にデザインが活用されることを目指しています。

なおPyreneeは、同年10月31日より東京ミッドタウンにて開催される『グッドデザイン賞』の受賞展『GOOD DESIGN EXHIBITION 2019』に、『Pyrenee Drive』を展示するとのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

『Pyrenee Drive』 2019年度グッドデザイン賞受賞 – 株式会社Pyrenee
https://www.pyrenee.net/post/20191002

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top