BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

シャノンとウイングアーク1st、「SMP連携ダッシュボード」提供開始へ

MAとBIダッシュボードを組み合わせる

株式会社シャノンとウイングアーク1st株式会社は、2019年10月4日、マーケティングデータを可視化する『SMP連携ダッシュボード』を提供を開始すると発表しました。

『SMP連携ダッシュボード』は、シャノンのマーケティングオートメーション『SHANON MARKETING PLATFORM』と、ウイングアーク1stのBIダッシュボード『MotionBoard Cloud』を組み合わせたものです。

マーケティングの検証・判断・行動を支援

シャノンの『SHANON MARKETING PLATFORM』は、マーケティング業務全般における一元的な実施・管理を実現するシステムです。蓄積データの管理を一本化し、商談機会の創出に貢献しています。

ウイングアーク1stの『MotionBoard Cloud』は、様々なデータをシンプルに可視化するBIダッシュボード。アクションに直結するデータ活用を実現しています。

両システムを組み合わせた『SMP連携ダッシュボード』では、『SHANON MARKETING PLATFORM』のデータを『MotionBoard Cloud』で可視化。マーケティングのROIを高める検証・判断・行動を支援するとのことです。

カスタマーサポート体制も準備

『SMP連携ダッシュボード』では、高い表現力を持つ9種類のレポートダッシュボードが提供されます。また、他システムとの連携により、柔軟な形でのデータ活用促進も可能。さらに、スムーズな導入を図るべく、技術的な疑問を解消するカスタマーサポート体制も準備されています。

『SMP連携ダッシュボード』の提供は、2019年10月7日より開始。価格は、7万円/月(税別)となっています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

マーケティングデータを可視化する「SMP連携ダッシュボード」を提供開始 – 株式会社シャノン
https://www.shanon.co.jp/corporation/news/2019/10/04.html

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top