BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

いすゞ、スマホで商用車の課題を解決

いすゞ、コネクテッド技術を活用して新サービス創出のトライアルを開始

2019年9月24日、いすゞ自動車株式会社は商用車のコネクテッド技術活用による、商用車を使用するお客様の社会的課題解決のため、2019年9月30日よりトライアルを開始すると発表しました。同社はこのトライアルで、新たなサービスの創出を目指しています。

コネクテッドサービスのトライアル概要

トライアルのコネクテッドサービスは3つあります。1つめは、日常(運行前)点検アプリ「PRE START CHECK」で、車両とスマートフォンなどをつなぐコネクテッド技術を活用し、通常2人で行っていた点検を、1人でも実施可能とするサービスです。

2つめは、架装のコネクテッドです。トラックに搭載した情報通信端末を活用して、シャシ(車体)から架装(搭載装備)まで車両全般にわたり稼動をサポートするサービスを架装メーカーと協業して提供するサービスです。架装物の稼働や故障情報を、シャシ側の情報通信端末を使用して架装メーカーが取得する仕組みを実証実験で検証します。

3つめは、積み荷情報のコネクテッドです。同じく情報通信端末を活用して、RFID等の技術を使用し、積荷情報を自動取得、お客様と共有することで、ドライバーの負荷低減を目指しています。

いすゞのコネクテッド技術

いすゞ自動車株式会社は、2004年より商用車のコネクテッド技術活用、「みまもりくんオンラインサービス」を展開しています。また、2015年には大型トラックの「ギガ」に情報通信端末を標準搭載し、車両データ活用の高度純正整備「PREISM」を展開しています。同端末を2018年は小型トラック「エルフ」に、2019年は中型トラック「フォワード」に搭載し、トラックのコネクテッド化を実現しています。

これらのコネクテッド化の中で構築した、独自プラットフォームや車両データを活用して、新たなソリューションを創出する予定です。

(画像はイメージです)

▼外部リンク

いすゞ自動車株式会社 プレスリリース
https://www.isuzu.co.jp/press/2019/9_24.html

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top