BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

AIが監査。会計事務所向けチェックシステム「MJS AI 監査支援」、11月発売

ミスや処理漏れなどを自動でチェック

株式会社ミロク情報サービス(以下「MJS」)は、2019年9月26日、AIを活用した会計事務所向けチェックシステム『MJS AI 監査支援』の提供を、同年11月より開始すると発表しました。

MJSは、財務・会計システムおよび経営情報サービスの開発・販売を手がける企業。『MJS AI監査支援』は、日次・月次・年次の財務会計処理の業務において、ミスや処理漏れなどを自動でチェックするシステムとなっています。

監査時間の短縮や業務の効率化を実現

会計事務所が顧問先企業の仕訳帳や試算表をチェックする際、これまでは目視で確認する作業が発生していました。事務所にとって大きな負担となっていたこの作業を、『MJS AI監査支援』は自動化します。

『MJS AI監査支援』は、MJSの会計事務所向けERPシステム『ACELINK NX-Pro』と連携して稼動するクラウドサービス。顧問先から受け取ったデータに対して、仕訳帳および試算表を自動でチェックし、レポートも自動作成が可能です。監査時間の短縮や業務の効率化を実現し、月次・年次決算の早期化も果たすシステムとなっています。

チェックレベルの標準化も実現

『MJS AI監査支援』ではまた、決められたルールに基づいてAIが監査を実施するため、チェックレベルの標準化が実現します。経理知識のばらつきや、引き継ぎ漏れなどのリスク軽減、そして正確性向上が可能になるとのことです。

MJSは『MJS AI監査支援』について今後、中堅・中小企業向けERPシステムとの連携も予定。経理担当者の業務負担軽減や正確性向上を支援するとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

『MJS AI監査支援』を11月より会計事務所向けに提供開始 – 株式会社ミロク情報サービス
https://www.mjs.co.jp/news/details.html?Itemid=7111

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top