BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

レトリバとトラムシステム、コールセンター向けAIソリューションで提携

販売パートナー契約を締結

株式会社レトリバは、2019年9月26日、コールセンター向けAIソリューションの販売パートナー契約を、トラムシステム株式会社との間で締結したと発表しました。

レトリバは、自然言語処理・機械学習・深層学習をコアテクノロジーとして、コールセンターを支援するソリューションを提供している企業です。

AIソリューションをより多くのクライアントに提供

レトリバによると、コールセンターでは近年、音声認識を行うAIソリューションの導入に際して、電話・通信基盤の同時更改を検討するクライアントが増えているとのことです。こうした動きに対応すべく同社は、トラムシステムとの販売パートナー契約締結を行いました。

トラムシステムは、クラウドPBXといった企業の通信基盤を構築している企業です。東海テレビ放送株式会社や株式会社コメダ、株式会社一休といった大手企業を、クライアントとしています。

提携後のレトリバは、トラムシステムの電話・通信関連を活用し、AIソリューションをより多くのクライアントに提供するとのことです。

新たなソリューション開発も進める

両社の提携では、トラムシステムのコンタクトセンターシステムにおける通話を、『AmiVoice』などの音声認識エンジンを使用してデータ化。このデータは、レトリバのAIによって「検索」「分類」「抽出」の作業が支援されます。

レトリバは今後、トラムシステムの電話・通信基盤と融合した新たなソリューション開発も進めるとのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

レトリバとトラムシステム、コールセンター向けAIソリューションの 販売パートナー契約を締結 – 株式会社レトリバ
https://retrieva.jp/info/press/date_201909261100/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top