BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

店内カメラの画像をAIが判定。西菱電機、混雑度判定AIソリューションの提供開始

応援スタッフを要請するシステムなどに活用

西菱電機株式会社は、2019年8月22日、混雑度判定AIソリューションの提供を開始すると発表しました。

同ソリューションは、カメラの画像から混雑度をAIが自動判定するというもの。店舗などにおいて、応援スタッフを要請するシステムや、混雑度ピークを避けた来店のレコメンデーションなどに、応用が可能なソリューションとなっています。

人や車両以外の対象の認識も可能

西菱電機は、IoT事業と情報通信端末事業、そして情報通信システム事業を展開している企業です。「ITで仕事をポジティブに、そして生活を豊かに」という目標の達成を目指して、業務効率化や生産性向上のためのサービス『Seiryo Business Platform』の展開なども手がけています。

今回同社が提供を開始する混雑度判定AIソリューションでは、機械学習によってカメラの画像から人や車両を検知し、混雑度を自動判定することを実現。解析結果は、ブラウザでの閲覧に加えて、CSV形式でのダウンロードも可能です。画像内の判定範囲調整や、人や車両以外の対象の認識も、可能となっています。

より精度の高いロジックを目指す

同ソリューションの活用例として西菱電機は、バックヤードスタッフへの応援要請や利用者への混雑状況通知に加えて、施設内の比較的空いているエリアへの利用者誘導なども想定しています。

同ソリューションにおいて同社は今後、IoTサービスで取得したデータと組み合わせ、より精度の高いロジックを目指すとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

混雑度判定AIソリューション提供開始 – 西菱電機株式会社
http://www.seiryodenki.co.jp/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top