BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

パーソルP&TとABBYYジャパンが提携・AI-OCR業界を促進!

データ化の促進を目的に協業

パーソルプロセス&テクノロジー株式会社は8月27日、ABBYYジャパン株式会社と販売代理店契約を締結したと発表。帳票のデータ化、業務効率化を図るAI-OCRサービスの提供を開始しました。

データ処理業務ツールをパッケージ化

今回の提携により、文書のデジタル化、文書処理をオートメーション化する「ABBYY FlexiCapture」、文書の取り扱いを合理化する「ABBYY FineReader Server」をパッケージ化して販売。

また導入支援、ツール開発、トレーニングなどデータ処理の自動化をトータルでサポートすることが可能になります。

文字認識OCRに優れた技術と実績を持つABBYYと、PRAやITソリューションによるテクノロジーを活用したコンサルティングやシステム開発を行う同社の提携により、AI-OCR業界の促進と発展を目指します。

テクノロジーによる効率化を推進

日本に根強く残る「紙文化」の概念を変え、データや書類の読み取り、システムの自動化が進むことにより、業務効率化や生産性の向上をはじめ、働き方改革の推進、労働人口の減少など社会の変化に対応できるようになります。

現在、ABBYY製品のデータ読み込み作業、項目の定義設定などを簡素化できるツールを開発中。今後もサービスラインナップを増やしていく予定です。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

パーソルプロセス&テクノロジーのプレスリリース
https://www.persol-pt.co.jp/news/2019/08/27/3203/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top