BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

アドバンスト・メディアのAI音声認識技術「AmiVoice」、富士通のAI製品と連携

発言録の作成やオペレーター業務を大幅効率化

株式会社アドバンスト・メディアは、2019年8月22日、同社のAI音声認識技術『AmiVoice』について、富士通株式会社のAI『FUJITSU Human Centric AI Zinrai』製品2種と連携すると発表しました。

アドバンスト・メディアは、『AmiVoice』をコアとした多数の音声認識エンジンを保有している企業です。富士通との連携では、発言録の作成やコンタクトセンターのオペレーター業務を大幅効率化するソリューションが提供されます。

多種多様なサービスに使用が可能な『AmiVoice』

『AmiVoice』は、ビジネスや日々の生活に密着した多種多様なサービスに使用が可能なAI音声認識技術です。同技術では、最新のディープラーニング技術などをエンジンに実装。アクセント・イントネーション・会話スピードに左右されず、より自然な発話を認識することができます。

また『AmiVoice』では、強力なノイズ除去技術も装備。自動車・電車・飛行機などの騒音がある場所での聞き取りや、電話などの聞き取りづらい音声の認識も、可能となってます。さらに、医療・金融・自治体・製造・建設といった幅広い業種の専門用語にも対応。企業ごとや業務ごとの個別カスタマイズにも、対応しています。

業務効率化に貢献するサービスの提供に注力

『AmiVoice』が連携する富士通の製品は、『FUJITSU AI Zinrai TalkVisible』と『FUJITSU AI Zinrai Contact Center Knowledge Assistant』です。前者は、会議や議会における発言録の作成を支援するソリューション。後者は、コンタクトセンターにおける電話応対を支援するソリューションとなっています。

アドバンスト・メディアは今後も、業務効率化に貢献する新しいソリューションや顧客サービスの提供に注力するとしています。

(画像は写真素材 足成より)

▼外部リンク

富士通のAI「Zinrai」とAI音声認識「AmiVoice」が連携 – 株式会社アドバンスト・メディア
https://www.advanced-media.co.jp/newsrelease/15119

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top