BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

ストックマーク、論説ニュース分析システム「LOGOS」を三井物産戦略研究所と開発

メディア報道間の意見相違を瞬時に把握

ストックマーク株式会社は、2019年8月19日、株式会社三井物産戦略研究所向けに論説ニュース分析システム『LOGOS』の運用を開始したと発表しました。

ストックマークは、テキストマイニングとAI技術を活用したビジネス意思決定サポートサービスの開発・運営を手がける企業です。『LOGOS』は、AIを活用することでメディア報道間の意見相違を瞬時に把握する、世界初のシステムとなっています。

ストックマークと三井物産戦略研究所

ストックマークは、テキストマイニングとディープラーニング技術を活用したWebニュースプラットフォーム『Anews』を運営しています。『Anews』では、世界30000メディアのWebニュースをAIで毎日自動収集し、記事の文脈を自然言語処理で解析。ユーザーにとって重要なビジネスニュースを、自動要約によるあらすじや類似記事紹介などと共に配信しています。

三井物産戦略研究所は、三井物産のインハウスの研究所として設立された研究機関。ビジネス構築において有益な各種情報の収集・分析を日々実施しており、近年はAIを活用した研究力の高度化にも取り組んでいます。

『LOGOS』はこの両社が、日々世界各地で発生する事象について「対立する意見」がある記事を自動的に抽出・可視化することを目的として、共同で開発しました。

産業に与えるインパクトや各関係者の意見を可視化

『LOGOS』は、世界中のニュースの収集を効率的に実施すると共に、産業に与えるインパクトや各関係者の意見の可視化を実現。ポジティブ・ネガティブ記事の抽出・検索や、キーワードや話題ごとの感情分布の可視化も行うことで、より深い洞察をレポートに入れこむことを可能にしています。

ストックマークは『LOGOS』により、三井物産戦略研究所が独自の分析や切り口を定常的に見出せるよう、支援を行うとのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

三井物産戦略研究所向け論説ニュース分析システム「LOGOS」の運用開始 – ストックマーク株式会社
https://stockmark.ai/2019/08/19/2289/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top