BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

オンキヨー、コールセンター事業を行う事業会社にて「Onkyo AI」を実用化へ

スピーカーの技術とAIを結びつけた『Onkyo AI』

オンキヨー株式会社は、2019年8月8日、コールセンター事業を行う同社の事業会社にて『Onkyo AI』を同年内に実用化する予定であると発表しました。

オンキヨーは、スピーカー製品の開発・提供を通じて音に関する技術を長年培ってきた企業。『Onkyo AI』は、こうした技術とAIを結びつけたものになっています。

電話窓口業務の効率化を実現

近年、雇用環境の変化に伴って様々な領域で人材確保が困難となっています。オンキヨーの事業会社であるODSコミュニケーションサービス株式会社においても、コールセンター事業を展開する中で効率化という課題に直面。この課題を解決するために、『Onkyo AI』の導入が行われることとなりました。

ODSコミュニケーションサービスに導入される『Onkyo AI』は、オンキヨーがスマートスピーカーで培った音声認識技術を活用し、電話窓口業務の効率化を実現するというもの。顧客からの依頼内容を自動応答音声で聞き取り、適切に分類分け、そしてデータベースへの保存までを、無人で行います。

ソリューションとして提案することも計画

ODSコミュニケーションサービスに導入される『Onkyo AI』は、コールフロー制御や通話録音データ解析、顧客データベース制御といった機能を実装。また同社のコールセンターシステムは『Amazon Connect』も採用しているため、顧客の要望に柔軟な対応することも可能です。

オンキヨーは今後、電話窓口業務のソリューションとして『Onkyo AI』を提案することも、計画しているとのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

進化した「Onkyo AI」 コールセンター業務に活用 – オンキヨー株式会社
https://www.jp.onkyo.com/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top