BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

西日本エリア初。ビッグデータとAIのINSIGHT LAB、9月に大阪事業所を設立

沖縄・札幌・イスラエルに続く拠点

INSIGHT LAB株式会社は、2019年8月5日、同年9月に大阪事業所を設立すると発表しました。

INSIGHT LABは、東京・新宿に本社を置き、ビッグデータとAIを組み合わせることによりビジネスを支援している企業です。今回設立される大阪事業所は、同社にとって沖縄・札幌・イスラエルに続く拠点であり、西日本エリアでは初めての事業所となります。

「ビッグデータを活用し、より社会を豊かにする」

INSIGHT LABは、AI・BI・DMPといったデータマネージメント領域におけるコンサルティング・開発・導入・運用までを、主要業務としています。特にBIツールの導入およびシステム構築については強みを持ち、2005年の創立時より300社以上のクライアントを支援。また、「ビッグデータを活用し、より社会を豊かにする」ことをミッションに掲げ、先端IT人材の不足解決に向けたプロジェクトを推進しています。

同社はこれまで、新宿本社を拠点として関東企業のデータ活用を主に支援してきました。しかし、国内市場における対応力のさらなる強化を企図した同社は、今後さらなる需要の高まりが想定される西日本エリアに注目。企業集積が高まり、また多くの躍進的な企業が拠点を置いている大阪にて、事業所設立を決定しました。

西日本エリアのビジネス革新を目指す

INSIGHT LABの大阪事業所は、大阪市中央区本町の『東芝大阪ビル』8F、『billage OSAKA』にて2019年9月1日に開設される予定です。最寄り駅は、大阪メトロ御堂筋線・中央線・四つ橋線の本町駅であり、同駅より徒歩1分の至便さを誇ります。

同社は大阪事業所にて、西日本エリアのクライアントにおけるビジネス革新を目指すとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ビッグデータ×AIでビジネスを支援するINSIGHT LAB、大阪事業所を設立 – INSIGHT LAB株式会社
https://www.insight-lab.co.jp/media/pressrelease/a94

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top