BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

BlockBaseら、3Dデータの価値を向上する実証実験開始

ブロックチェーン上で3Dデータの二次創作権を発行

2019年8月2日、BlockBase株式会社と株式会社DiGITAL ARTISAN、株式会社MiraCreativeはNFT(独自性を備えたトークン)を活用した、3Dデータの価値向上の実証実験を行うと発表しました。

この実証実験で、ブロックチェーン上で3Dデータの二次創作権を発行します。

実証実験の内容

株式会社DiGITAL ARTISANの3D全身スキャナー(Super Light Photo 3D Scanner)を活用して、3Dコンテンツデータを作成します。このデータに対してBlockBase株式会社が、二次創作権証明書をブロックベース上のNFTで発行します。

実証実験の目的

3Dデータコンテンツが身近になってきた現在、コピー可能な3Dデータは著作権などに課題がありました。

3Dデータをはじめデジタルデータの価値を向上するため、ブロックチェーン技術を用い、データ来歴(作成、更新者情報)や権利の保有者を明確にし、価値向上とクリエイターへの利益還元、創作活動の活性化を目指します。

3Dデータコンテンツの二次創作権をブロックチェーン上のトークンとして販売することで、保有者はデータの改変、活用の許可を得られます。今までその都度必要だった、使用許諾が不要で、保有者はデータを使用することができます。

今後の展開

NFT(代替え不可能なトークン)と3Dデータを取り引きするプラットフォーム、NFThreeの開発を進めています。

また、デジタルコンテンツの制作に関わった撮影者、加工者、声優などの情報も作品の一部として楽しめるように目指しています。

3Dデータだけでなくモーションデータ、音声データなど他の形式のデータもNFT化することで、データの権利や価値を高める仕組みを創る予定です。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社MiraCreative ニュース
http://mira-creative.com/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top