BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

【社長さんはどこ大?】「社長」の多くは大規模私立大学出身

最多は「日本大学」という結果に

7月30日、「全国社長出身大学分析(2019年)」の集計・分析結果が帝国データバンクによって発表されました。

発表によると、2019年6月の時点において、国内企業における社長の出身大学を、その人数において見ると、「日本大学」が2万741人で最多という結果となっています。これに「慶應義塾大学」(1万669人)、「早稲田大学」(1万84人)、「明治大学」(8697人)、「中央大学」(7528人)が続いています。

学生数が多いという点で「大規模な」私立大学がトップ5につく形となっており、国公立大学についてはランキング上位30校の中、19位に「東京大学」(2627人)、29 位に「京都大学」(1820 人)が位置する結果となっています。

日本の社長約27万4000人が対象

この調査は、帝国データバンクが2019年6月時点の企業概要データベース業(個人、非営利、公益法人等除く)の社長出身大学データを抽出し、約27万4000人の出身大学をランキング形式で集計したものです。

調査では、社長の出身大学別だけでなく、上場企業の社長、年商規模別ランキング、年代別ダンキングの結果も示されいています。

上場企業社長には国立出身が目立つ

対象企業全体では大規模な私立大学が目立つ結果となっていますが、これを「上場企業」に絞ると、異なる結果が見えてきます。

首位2校については私立大学の「慶應義塾大学」(264 人)「早稲田大学」(187 人)の2校が占めますが、その後に「東京大学」(175 人)「京都大学」(80 人)が続きます。また、上位30校の中には「神戸大学」「九州大学」「東北大学」「名古屋大学」(23 人)など、多数の国立大学がランクインしています。

この他、調査結果の詳細が帝国データバンクのサイトに掲載されています。

(画像はフリー写真素材ぱくたそ より)

▼外部リンク

帝国データバンク公式サイト 全国社長出身大学分析(2019年)
http://www.tdb.co.jp/report/watching/

http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/

帝国データバンク公式サイト
http://www.tdb.co.jp/index.html

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top