BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

請求書AI-OCR「sweeep」、パートナープログラム提供を開始

継続インセンティブ型の紹介パートナー企業を募集

オートメーションラボ株式会社は、2019年8月2日、同社が展開している請求書AI-OCR『sweeep』のパートナープログラム提供を、正式に開始しました。

『sweeep』は、100枚の請求書を分で処理できるというAI-OCRサービス。開始されたパートナープログラムでは、プログラム第1弾として継続インセンティブ型の紹介パートナー企業が募集されています。

経理担当者の負担軽減を実現した特化型AI-OCR

オートメーションラボは、2011年の創業時より「バックオフィス革命」をミッションに掲げる自動化コンサルティングカンパニーです。業務自動化を通じた生産性向上と新たな価値創出へ貢献すべく、経理・人事・営業事務といったバックオフィス領域におけるBPR事業を展開しています。2018年12月には、『sweeep』のリリースに至りました。

『sweeep』は、同社独自のAI技術とOCRエンジンによって、請求書の高速な仕訳・判定・会計処理を実現したサービス。従来型OCRでは不可欠だった帳票定義が不要であり、様々なレイアウトに対応可能な点も、特徴となっています。周辺機能を備えることで、経理担当者の負担軽減を実現した特化型AI-OCRです。

成約に至った紹介パートナーには、所定のインセンティブ

2019年4月の「働き方改革関連法」施行以後、多くの企業が「働き方改革」支援事業を展開しています。こうした「働き方改革」支援企業は、『sweeep』の利便性に着目。「クライアント企業に紹介したい」といった要望が、オートメーションラボへ多く寄せられるようになりました。

そこで同社は、『sweeep』のパートナープログラム提供を決定。クライアントに『sweeep』を紹介し、そして成約に至った紹介パートナーには、所定のインセンティブが支払われるとのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

sweeep – オートメーションラボ株式会社
https://sweeep.ai/

請求書AI-OCR「sweeep」、パートナープログラムの提供を正式開始 – dreamnews.jp
https://www.dreamnews.jp/press/0000199265/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top