BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

サイトスコープ、AIツールでAmazon広告を最適化する運用代行サービスをリリース

『Kenshoo ECOMM』を用いて最適化

株式会社サイトスコープは、2019年8月1日、『Kenshoo ECOMM』を用いてAmazon広告を最適化する運用代行サービスをリリースしたと発表しました。

同社は、インターネット広告事業・メディア運営事業・システム開発事業を展開している企業です。同サービスは、Amazon広告を最新AIで最適化する『Kenshoo ECOMM』を活用し、商品の可能性を引き出すものとなっています。

Amazonの地位および成長が今後も継続すると予測

『Kenshoo ECOMM』は、広告に関するテクノロジーソリューションをグローバルに提供するデジタル・マーケティング・ソフトウェア企業・Kenshoo Ltd.によって開発されました。同ツールは、Amazon内における検索連動型広告の最適化を実現。顧客を商品詳細ページへ誘導するスポンサープロダクト広告や、スポンサーブランド広告の配信において、未来予測と最適化を実現するものとなっています。

サイトスコープはこれまでも、「サーチ」「ソーシャル」「EC」という重要な3つのマーケティングチャネルにおいて、『Kenshoo ECOMM』を活用してきました。同社は、Amazonの地位および成長が今後も継続すると予測。こうした状況を鑑み、Amazon広告を最適化するサービスの提供開始に至っています。

「Amazonプライムデー」などにも柔軟に対応

『Kenshoo ECOMM』を活用すると、複数の商品や施策の広告配信であっても、ROI(投資利益率)を基準として判断を行うことが可能となります。「Amazonプライムデー」など売り上げ獲得のチャンスにおいても、より柔軟な対応でできるとのことです。

同社は今後も、デジタルマーケティング領域において複合的にサービスを提供するとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

Amazon広告を最新AIツールで最適化するKenshoo ECOMMによる広告運用代行サービスを開始 – 株式会社サイトスコープPR TIMES
https://www.sitescope.co.jp/news/detail/130.html

Amazon広告を最新AIツールで最適化するKenshoo ECOMMによる広告運用代行サービスを開始 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top