BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

ソルフレアのAIレコメンドシステム「SPHINX Affinity」、伊勢丹のWebメディアが導入

『ISETAN MEN’S net』において導入

ソルフレア株式会社は、2019年7月31日、同社が開発したAIレコメンドシステム『SPHINX Affinity』が、株式会社三越伊勢丹のWebメディアに導入されたと発表しました。

『SPHINX Affinity』は、ユーザーの嗜好に合致したコンテンツの推薦を実現したレコメンドシステム。三越伊勢丹での導入は、伊勢丹新宿店メンズ館の公式Webメディア『ISETAN MEN’S net』において実施されています。

公的なサイトからECサイトまで幅広く実装が可能

ソルフレアは、O2Oクラウドサービス『RUNWAY』を活用したマーケティングサービスなどを提供している企業です。『RUNWAY』の一部として、AIを利用した『SPHINX Affinity』は開発されました。

『SPHINX Affinity』では、ユーザーの行動を分析し、共通の嗜好を持つユーザーをグルーピングします。このグループごとに推薦を行うことで、ユーザー情報が少なくても最適なレコメンドの実施を可能にしました。レコメンド内容の固定化防止やコンバージョン改善も実現しており、公的なサイトからECサイトまで幅広く実装が可能なシステムとなっています。

本質的な価値へ向けたマーケティング施策を実行

今回『SPHINX Affinity』が導入された 『ISETAN MEN’S net』は、伊勢丹新宿店メンズ館の情報と共に、男性向けの多様なファッション情報を発信しているサイトです。同サイトでは、ユーザー個別の興味や嗜好を反映したコンテンツのレコメンドが、『SPHINX Affinity』導入により実現。新たなニーズの掘り起こしが、可能となっています。

ソルフレアは今後も、ユーザーそれぞれにとっての本質的な価値へ向けたマーケティング施策を、実行するとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

伊勢丹メンズ館公式メディアに、AIレコメンドシステム「SPHINX Affinity」を導入 – ソルフレア株式会社
https://solflare.co.jp/post/413

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top