BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

国内唯一の総代理店インフォコム、「KNIME」のサポート開始

「KNIME(ナイム)」(無償版)のメールサポート開始

インフォコム株式会社は7月26日、データ分析プラットフォーム「KNIME(ナイム)」(無償版)のメールサポートを、7月から開始すると発表しました。インフォコム株式会社は「KNIME」の国内唯一の総代理店です。

同社は2010年から「KNIME Server」(企業向け有償ライセンス)を販売しています。

「KNIME」ソフトの概要

ドイツのコンスタンツ大学で2006年に開発されたソフトです。データの分析に必要なデータ処理からレポーティングまで、必要な機能が搭載されています。また、使用業種は幅広く製薬や製造業、金融、政府機関など、大企業を中心に使用されています。

今回メールサポートの対象となっているオープンソース版のKNIMEは、無料で利用でき、最新情報や技術がすぐに反映されることが特徴でしたが、日本語マニュアルが少ない点とデータの専門家以外は効果的な利用が難しく、使いこなすまで時間がかかるというデメリットがありました。

「KNIME」サポートサービスについて

対応可能なサポートは、「機能の説明」、「ワークフローのチェック・提案」、「自社の課題解決ワークフロー対応、システム連携の相談」、「ワークフロートラブル対応方法サポート」などです。

サポート料金はKNIME Analytics Platform Ver4.X以上(Silver)だと45万円/年、KNIME Analytics Platform Ver3.X以上でコミュニティノードの質問が可能なバージョンだと90万円/年となります。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

インフォコム株式会社 ニュース
https://www.infocom.co.jp/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top