BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

インフルエンサーのデータ分析に特化。「REECH」、導入予定企業数が30社を突破

フォロワーの「実際の数値」を提示

株式会社REECHは、2019年7月31日、同社のインフルエンサーマーケティングプラットフォーム『REECH』について、導入予定企業数が30社を突破したと発表しました。

『REECH』は、インフルエンサーのデータ分析に特化したプラットフォームです。フォロワーの男女比・年齢分布・所在地分布など実際の数値を提示し、根拠のあるキャスティングを可能にしています。

効果的なインフルエンサー起用を可能に

従来のインフルエンサーマーケティングでは、フォロワー数・エンゲージメント数・雰囲気などによりインフルエンサーを選定する方法が、主流でした。しかしこれらの手法では、フォロワー属性・影響力・広告効果を精緻に測定することができず、ターゲット層への効果的なアプローチも不可能です。こういった課題を解決すべく、『REECH』は開発されました。

『REECH』では、エンゲージメント率やインプレッション数、PR率などの精緻な分析を実現。また、従来は把握が困難だったフォロワーの年齢分布・男女比率・所在地分布についても、指数化・可視化を実現。「女性フォロワーの多い順」「女性エンゲージメントの多い順」といった絞り込み機能も備え、効果的なインフルエンサーの起用を可能にしています。

初期費用・月額利用料・最低利用金額は0円

『REECH』はまた、初期費用・月額利用料・最低利用金額がいずれも0円であり、フォロワー単価1.5円というシンプルかつリーズナブルな料金体系も、大きな特徴となっています。さらに、「どんなインフルエンサーが起用できるのか」を発注前に確認し、インフルエンサーマーケティングの実施に踏み切ることも、可能です。

REECHによると、既にインフルエンサーを活用している企業を中心として、『REECH』導入の問い合わせが多く寄せられているとのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

REECH – 株式会社REECH
https://reech.co.jp/

インフルエンサーマーケティングプラットフォーム「REECH」、導入予定企業数が30社を突破 – @Press
https://www.atpress.ne.jp/news/190099

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top