BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

AI総合研究所のNABLAS、東京・本郷に「R&Dセンター」を10月設立

AI人材育成事業『iLect』を展開しているNABLAS

NABLAS株式会社は、2019年7月31日、東京・本郷にて『R&Dセンター』を同年10月に設立すると発表しました。

同社は、東京大学内にて事業を行うベンチャー企業であり、AI人材育成事業『iLect』を展開している企業。『R&Dセンター』では、AI人材育成事業やAIコンサルティング事業、Deep Learningの研究開発などが行われる予定です。

AIの研究開発・導入事業も開始

NABLASは、AI技術で「人が人らしく生きる世界」を創ることを目指し、様々な形で社会実装を行っている企業です。日本国内のAI研究をリードしている東大・松尾研究室のメンバーが中心となって設立された経緯を持ち、「AI技術の総合研究所」を自認しています。また、前身のiLect株式会社時代より、AI人材の育成に力を入れている点も、特徴です。

AI人材の育成を続ける中で同社は、育成後におけるAIの導入・活用もまた重要であると判断。「AI総合研究所」としてAIの価値を社会に届けるべく、AIの研究開発・導入事業も開始しました。この事業拡大に伴い、『R&Dセンター』設立は決定されています。

「本郷バレー」の新AI研究開発拠点となる

『R&Dセンター』では、データ分析や機械学習モデルの設計・開発・提供、データサイエンス業務、そして画像分析AIモデルなどのDeep Learning研究開発が行われる予定です。また、同社が従来より手がけるAIコンサルティング事業や、新規サービス・事業の立ち上げ支援も実施されます。

NABLASは、これらの活動を進めることで『R&Dセンター』が「本郷バレー」の新AI研究開発拠点となることを目指すとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

NABLAS株式会社
https://nablas.com/

AI総合研究所「NABLAS」 東京・本郷にR&Dセンターを設立 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top