BI online

ビジネスニュースをデータ活用の視点から幅広く配信

EC事業の作業負担を大幅削減!タグ登録を自動化する「AIタッガー」

作業の自動化でアクセスアップを支援

LISUTO株式会社は、楽天市場などECモールへの出品時に行うタグ登録を自動化する「AIタッガー」を開発。作業効率とアクセス
アップを支援するサービスで、8月1日より提供を開始します。

1000商品分の登録を5分で完了

同サービスは、ECモールに商品を出品する際に行うタグID登録をAIが識別し、自動化するというもの。情報の抽出作業、タグの検出・追加、使われていないタグの削除など迅速に処理します。

1000商品分のタグ登録が約5分で完了。作業効率が大幅にアップするだけでなく、登録によりECモールの絞り込み検索に素早く対応することが可能になり、アクセスアップと売り上げ拡大が期待できます。

EC事業者の課題を解決

楽天市場では、約3か月ごとにタグ登録の仕様の変更が行われています。EC事業者は登録のメンテナンス作業に追われ、そのための人員やコストなどが大きな負担となっています。

ユーザーのキーワード検索率は82%、絞り込み検索は61%で、タグ登録が行われなければユーザーと商品が出会う機会を損失することにつながります。

同社は、AIによる生産性向上を図るツールで、情報の構造化を目指すとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

LISUTO株式会社のプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000030878.html

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top